むくみが原因で起きる病気をサプリメントで治せるか

足のむくみは、肝臓のSOSのサインであるとも言われてますが、結果ではなく原因として引き起こす病気をここでは記述していきます。 蜂窩織炎という足が腫れあがり歩けなくなり高熱が続くものがあります。 普段からむくみが酷くカリウムのサプリメントを検討しているような人がなりやすく、老廃物が静脈を伝って外界に流れにくくなり、若干の傷口から菌が入り起きるものです。 点滴を7日間することで蜂窩織炎は治るのですが入院が必須となり、一度起こすと慢性化する危険性を秘めています。 入院中も優先順位としては血液中の「CRP」の値を正常値に戻すことなのですが、点滴だけでなく足の解消するために常時高く上げてベッドに寝ます。 睡眠中は足から心臓へ血流を送り出すポンプの機能が働かないので、こむらがえりを起こしやすい状態になってます。 予防としては、就寝前に充分に水分を補給することと、朝晩に足のむくみを解消するためにマッサージをしたりサプリメントを飲んだりすることです。 リンパや静脈の流れが不良になっていて、水が皮膚下に停滞することで膨らむようになるのがむくみですが、形状を気にして食べ物からの水分の摂取を減らすことは危険です。

海外

偏った食べ物がむくみを引き起こす原因になる

むくみが起きる原因とサプリメントで解消する方法としては、利尿作用を促すことが良い手段です。 体内の毒素が入った水分を小便として排出する量と回数を増やすことです。 毎日の食べ物についても、偏った内容だと利尿作用に必要なカリウムが欠乏する危険性もあります。 むくみサプリメントや食べ物で、カリウムが成分のものは後述で紹介することにしますが、ビタミン不足も原因となることを覚えておきましょう。 不足でなく過剰によっても起きるむくみとして知られているのが塩分です。 塩分が体内で多い状態だと、中和するために水分を排出しない機能が自動で働いてしまう為です。 見てわかる病気の症状としては、皮膚の薄い「まぶた」が腫れたりします。 ラーメンばかりなどの偏った食べ物が多い独身の方は注意が必要です。

市販

むくみサプリメントで解消できる仕組み

前述のようにむくみを抑えるものと解消するものは「カリウム」と「塩化ナトリウム」の適正な摂取量になります。 塩分は多くても駄目ですが、少なすぎてもむくみの原因になり、1日の摂取量は小さじ一杯になります。 カリウムを毎日の食べ物を気にしながら多く取ろうと思うよりは、サプリメントで補う方が万全です。 利尿作用がある成分を含んだサプリメントであれば、むくみの解消だけではなくダイエットにも繋がります。 同時に食生活において、塩分や甘い糖分を摂りすぎないようにすることで体内の水分量が減り病気を予防できます。

セルライト

むくみサプリメントで有名なメリロートのクマリン

市販されている有名なむくみを解消するサプリメントはDHCの「メリロート」で近所のドラッグストアでも入手することが出来ます。 メリロートとはハーブの一種の薬草で、この中のクマリンという成分が静脈の流れを良くする作用があると言われています。 適量のクマリンは動脈硬化の血栓を予防する働きがあり、全身の循環を良くすると言われています。 むくみサプリメントでメリロートが主成分のものは、10社以上の会社から発売されておりますが、個々の成分の含有量が異なるので効果も違うようです。 病院で処方されるむくみを解消する薬もありますが、どれも「カリウム」「塩分を抑える」「利尿作用」の3つのキーワードになってます。 ダイエット目的では病気による保険適用にならない場合が多いので、サプリメントで代用しても良いでしょう。

メルロート

数ある中からむくみサプリメントを比較する基準

ネットで購入するむくみサプリメントで多いタイプは、初月の価格が980円で2ヶ月目以降は2000~5000円というものです。 マッサージをしたことがある人なら分かると思いますが、効果の程が目で見て判別できますし、食べ物を減らすダイエットのように体重にも変化が現れます。 どのカリウムのサプリメントが良いかを成分で比較するよりは、お試しで1ヶ月継続してご自身で結論を出されるのが良い方法です。 副作用の成分が国の基準より多く含まれてないかを気になる場合には、下記の国民生活センターの統計を参考にされると良いでしょう。 DHCが有名で千円以下ということもあり、毎月のコストに多くは掛けれないようでネットで人気があるむくみサプリメントは「するるのおめぐ実」で初月980円でそれ以降は2754円のものになります。 平均よりも高額だから効果があるというよりも、自分のむくみの病気の原因とマッチしているかを試してみるのが最適です。

このページの先頭へ